時間を無駄にしている人

ゲームはスマホアプリで簡単!大人になっても楽しい!

ゲームと言えば子供がやるもの?なんて考えはもう古いですよね。アプリやSNSでも簡単にできるので、コミュニケーションツールとなっていることもある重要な文化です。

最近のデジタル機器の進化と人との関係

読了までの目安時間:約 2分

後ろを見る女性

スマホが普及してから、ラインやゲームを手軽に楽しむ人が増えた分、時間を無駄にしている人が増えたように感じます。

電車の移動中、以前は外の風景を見て、色々会話をしていた親子が黙々とそれぞれのゲームやネットサーフィンをしています。

空いた時間を読書に費やしていた人がゲーム三昧になっています。丁寧に電話や手紙で言葉を選びながら、コミュニケーションを取っていた人たちが、安易な言葉でやり取りをし、誤解をしたり、傷ついたりしています。

他愛の無い会話を深夜まで毎日行うことで、仲間意識を保ち、自分の生活リズムが脅かされている人が大勢います。

便利なはずのツールなのに、なぜ、苦しんだり、人と人との繋がりを希薄なものにしてしまっているのか、よく考えさせられます。

便利で気軽で面白いから、中毒性があることにもっと気を付けなければ、これからの未来を担う子供たちにどのような影響が出るか、真剣に大人が考えなくてはいけないのではないでしょうか。

子どもを静かにさせるために、アイパッドやスマホを使わせている人をよく見かけます。デジタル機器に子守りをさせていると、将来、発達に悪影響が出る事をもっと周知しなければいけないと思います。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー